投稿記事一覧 > > 交通事故に遭遇してしまった際の注意事項

交通事故に遭遇してしまった際の注意事項

2017.03.29 | Category:

平成26年度の交通事故発生件数は約57万件となり、過去90万件あった交通事故も半数になったことは交通安全が強化されている要因かと思います。今後も車の自動運転システムなどが強化されることによって交通事故の発生件数は減ることは間違いありませんが、万が一交通事故に遭遇してしまった際に事前に準備ができているのとできていないのではその後に大きな違いが出てきますので、交通事故に遭遇してしまった際の注意事項を解決させて頂きます。


【交通事故に遭遇してしまった際の注意事項】
1.交通事故の加害者・被害者問わず、必ず連絡先を交換する。
※連絡先を交換しないと、後々加害者に逃げられてしまうケースも少なくありませんので、必ず連絡先の交換を行ってください。
2.必ず警察に連絡をする。
※警察に連絡をしないと交通事故の証明書を発行することができません。事故証明書がないと治療が認められないケースもありますので必ず警察は加入させて下さい。
3.保険会社に連絡をする。
※ご自身が加入している損害保険会社に連絡を行ってください。交通事故の治療費や慰謝料などの補償に関しましてはすべて損害保険会社が代行・担当していただけますので必ず連絡を行ってください。
4.交通事故治療を得意とする病院・治療院に通院する。
※ご自身が痛めた身体の部位(場所)をしっかり伝えないと、あとあと首の痛みが出てきたとしても交通事故のケガとして認められないケースもありますので、痛めた部位を必ず専門医に報告して下さい。

もちろん交通事故の遭遇しないよう留意することが一番大切ですが、万が一の際に備えておくことも大切でありますので参考にして頂くことができますと幸いです。