自賠責保険(自動車損害賠償保険)

自賠責保険とは、自動車損害賠償責任保険の略語であり、簡潔にまとめると交通事故に遭われてしまった被害者様を救済する保険であります。
交通事故による被害者を救済するため法律に基づき、すべての自動車に加入することが義務付けられているのが自賠責保険(強制保険)です。
もちろん、原動機付自転車なども対象になっております。

自賠責保険(共済)の特徴


1.原動機付自転車を含むすべての自動車は、自動車損害賠償保障法に基づき、
自賠責保険(共済)に入っていなければ運転することはできません。 

2.自動車の運行で他人を死傷させた場合の人身事故による損害について支払われる保険(共済)で、
物損事故は対象になりません。

3.被害者1名ごとに支払限度額が定められています。1つの事故で複数の被害者がいる場合でも、被害者の支払限度額が減らされることはありません。

4.被害者は、加害者の加入している損害保険会社(組合)に直接、保険金(共済金)を請求することができます。

5.当座の出費(治療費等)にあてるため、被害者に対する仮渡金(かりわたしきん)制度があります。

6.交通事故の発生において、被害者に重大な過失があった場合にのみ減額されます。


自賠責保険の傷害による損害


○被害者1人につき120万円

・治療費関係
応急手当費、護送費、診察料、入院料、投薬料、手術料、処置料、通院費、看護料、諸雑費、柔道整復等の費用、義肢等の費用、診断書等の費用
(原則として実費とし、治療・療養に必要かつ妥当な額が支払われます)

・休業損害
1日につき5,700円
ただし、立証資料等により1日につき5,700円を超えることが明らかな場合は、1日につき19,000円を限度として、実額が支払われます。

・慰謝料
1日につき4,200円
慰謝料の対象日数は被害者の傷害の状態、実治療日数などを考慮して治療期間の範囲内で決められます。

自賠責保険の後遺障害による損害


○被害者1人につき最高4,000万円~75万円まで  (14等級あります)

・逸失利益
後遺障害がなければ得られたはずの収入

・慰謝料等
障害の程度により第1級 1,050万円~第14級 32万円
第1級~第3級までは、被扶養者があるときは、増額されます。

自賠責保険の死亡による損害


○被害者1人につき3、000万円まで 

・葬儀費
55万円

・逸失利益
死亡しばければ得られたはずの収入

・死亡本人の慰謝料
350万円  

・遺族の慰謝料
請求権者1名のとき500万円
同2名のとき600万円
同3名のとき700万円

被害者に扶養家族があるときはこの金額に200万円を加算します。