誰もがあいたくない交通事故による後遺症 | 全国交通事故治療院 むちうち治療院

誰もがあいたくない交通事故による後遺症

交通事故というものは、誰もがあいたくありません。
それは、加害者としても被害者としてもです。
どちらの側になったとしても、後遺症などに悩まされるなど、つらい傷跡を残すことも少なくありません。
後遺症に関してもかなりの種類があります。
一般的にはむちうちだけが該当するかのように思われますが、そうではありません。
脳の損傷による、高次脳機能障害や脊髄損傷も後遺症になってきます。
中には脳脊髄液が漏れ出し、脊髄など圧力が低下して症状が出てくる、脳脊髄液減少症も後遺症の一つになってきます。

事故によって、手足以外の露出部分に対し、醜状と呼ばれるような傷が残るものを、外貌醜状と呼びます。
一般的には、外科手術になるわけですが、精神的なダメージのほうが深く残るとも言われており、外見の回復とはまた別の問題を残してしまうものです。
精神疾患がそういった問題になるわけですが、交通事故によってPTSD心的外傷後ストレス障害などを引き起こすことは知られていますし、ASD急性ストレス障害などもあるわけです。

むちうちも含め、簡単に治癒できない物がほとんどです。
中には後遺障害として残ってしまうものもあるのです。
時間をかけて治療していかなければいけないということも、精神的な負担になってしまったりもするのです。