自動車事故にあったり、起こしてしまった場合の連絡の順番 | 全国交通事故治療院 むちうち治療院

自動車事故にあったり、起こしてしまった場合の連絡の順番

車を運転している限り、事故にあう確率はゼロになることはありません。
これは自分で事故を起こすということもありますし、事故にあってしまうということもあるわけです。
自動車事故を起こしてしまったり、あってしまったりした場合、まず大事なことは人命です。
どんなことよりも最優先なのであり、負傷者の保護をし、救急車などの手配をします。
車は後から直すこともできますが、人命は失われてしまったら取り返せません。
その後、現場の安全を考えます。
後続事故が起きてしまうこともありますので、現場の保全ということもありますが、車を端に寄せたりすることは大切になります。
そのうえで、警察に電話をすることになります。
これは法律上の義務となるわけですが、何も焦る必要はありません。
人命などを優先にした後でも、十分に間に合うことです。
事故にあってしまった場合などであれば、相手の確認もしなければいけません。
住所と電話番号は必須ですし、車検証などから車両番号なども確認しておきたいところですし、免許書の番号などを控えておくことも大切です。
そういったことで、のちに本人確認ができるようになります。
目撃者などもいる場合には、連絡先などを聞いておけると、あとでもめた時などに証言になります。

警察が到着してからは、事故の状況確認などになるのですが、その後の保険会社との折衝などの問題もありますし、警察の調書などが絶対に正しいといえないこともあるため、写真などをとって記録をとることも大切です。
その後車の移動や、保険会社の連絡になりますが、費用などが発生する場合もありますので、知らないレッカーなどには頼まないことが重要です。
保険会社に関しても、いきなり示談などの交渉に判を押すのではなく、しっかりと判断してから押すことが大切です。