事故に関する任意の保険の慰謝料基準は実は非公開

事故を起こしたり、事故にあってしまったりした場合、保険を使うことになってきます。
種類として2つあり、強制保険である自賠責と、任意保険に分かれます。
自賠責で補えない部分を任意がカバーしていく形になるのですが、この中の慰謝料というものの算定は、実は公表されていない部分でもあるわけです。
では何を基準に計算をするのかといえば、自賠責を基準として独自に判断しています。
そのため、会社によって違いが生まれてくるわけです。
保険を使う場合、会社は最大限の努力をしてきましたと言ったりしますが、その基準がわからない上、営業的な方便でしかないのです。
保険会社も営利団体ですから、できるだけ支払いたくないのは当然なわけです。

自賠責の慰謝料を例にとると、損害慰謝料は一日4,200円と決まっています。
この金額を、実治療日数×2か治療期間を比べ、少ないほうにかけて算出していきます。
上限にも設定があり、120万円になっているわけです。
この120万円を超えた部分については、任意でカバーしていくわけです。
慰謝料には、財産権の損害以外のものが当たり、主に事故による入院・通院の慰謝料が該当してきます。
日弁連交通事故相談センターが出している民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準などの基準もありますので、こういったものも利用して会社との交渉することも重要になってくるのです。