コンサルティング
HP制作

質問する

回答一覧を見る

はるかぜクリニカルラボ | 交通事故治療の最後の砦|全国交通事故治療院・むちうち治療院

登録

質問する

回答一覧を見る

はるかぜクリニカルラボ

当院は痛みやしびれの根本改善を目指す整体院です。
痛みやしびれの多くは日常生活におけるストレスや睡眠不足・偏った食生活など様々な要因が重なり、発症しています。
単に痛んでいるところをもんだり、シップをしたり、電気をあてても、その時一瞬痛みが引いたように思いますが、またぶり返してしまいます。
長年あなたが身体に積み重ねたダメージを抜かないことには、本当には良くならないのです。
当院では身体にたまったダメ―ジ=根本原因をカウンセリングで特定し、改善することで痛みを除去し、再発しないお身体へと導いていきます。

はるかぜクリニカルラボのホームページへ

はるかぜクリニカルラボへメールする

浅妻 拓郎

[ 院長 ] 浅妻 拓郎

ときに、人生には転機が訪れるものです。私は高校生までまさに「白球の青春」、野球一筋の時間を送ってまいりました。勉強など二の次で、くる日もくる日も野球の腕を磨く毎日だったのです。
しかし、次第に私の腰が悲鳴を上げ始めまして、気付けば極度に腰痛が悪化してしまいます。私は10年も付き合った野球から離れる決断を迫られ、部室で一人秘かに涙してしまいました。
そのような失意の底にあった私を救ったのが接骨院の先生です。私は「大丈夫、必ず治るよ」という先生の
言葉を糧に真面目に通院し、ついに野球を自由に楽しめる体にまで快復することができました。
これがまさに転機となりまして、私は治療院の先生に憧れ、高校卒業後に柔道整復師の専門学校へ入学し、その後はかつての野球と同じく接骨技術一筋の人生を歩むこととなります。
人体の仕組みを深く理解するために、継続して文献研究や治療技術セミナー参加を行っており、今日も自分の技能レベルを向上するための、絶え間ない努力を続けております。
その私の活動の原点にありますのは「ひとりの治療家であると共に、ひとりの人間である」という想いです。
私がかつて感じたのは体だけではない心の痛みでした。私は、そうした患者様の心身の痛みを親身に寄り添って共有し、治療後の幸せを切に願うひとりの人間でありたいと想っております。
私の目の前には、高校時代の私を救ってくださった先生の背中がいつも憧れとしてあり続けています。

私はカウンセリングにも通じておりますので、心身で気になされている点、不安な点を何でもご相談くださいませ。腰痛・肩こりだけでなく、生理痛・内膜症などの婦人系疾患の治療も承っております。
問診・検査・施術、すべての側面からサポートさせていただきます。患者様と共に、自分の最大のパフォーマンスで完治を目指させていただくのは私の生きがいです。どうぞ、宜しくお願い致します!

口コミ一覧

      
0.00 0件の投稿

口コミ投稿

      

詳細情報

院名はるかぜクリニカルラボ
住所〒950-9501新潟県新潟市中央区鳥屋野4-2-65
電話番号025-369-4293
施術内容整体が初めての方は色々な心配や不安もあると思います。
当院では初回時に30分以上のしっかりとしたカウンセリング・検査・説明を行います。
不安なことや疑問があればなんでもご相談ください。
決してあなたが納得していない・不安が残っている状態で施術に入ることはありません。また、当院の施術は痛みの少ない、バキバキボキボキしない安心安全の施術です。
はじめての方も、心地が良いとおっしゃっていただくことが多いです。
治療時間不定休 9:30~20:00
定休日
予約あり
駐車場あり
地図